ホーム › 新着情報 › アルファードにスマートフォンとの連携が可能なディスプレイオーディオを採用

この記事をシェアする
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • Line
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Feedly

アルファードにスマートフォンとの連携が可能なディスプレイオーディオを採用

 

アルファードを一部改良し、2020年1月6日に発売します。

 

今回の一部改良では、スマートフォンとの連携を可能にした9インチのディスプレイオーディオ(DA)を標準装備しました。車載通信機DCMとあわせ、コネクティッドカーとして、さらに便利で快適なカーライフを提供します。

 

DAは、SmartDeviceLink対応のスマホアプリ(TCスマホナビや音楽・ラジオのアプリなど)をディスプレイ上に表示し、操作を可能としました。LINEカーナビでは、音声認識で目的地設定やLINEのメッセージ送受信、音楽再生などができます。また、Apple CarPlay、Android Autoについても、日常利用している地図アプリや音楽アプリなどをディスプレイ上で操作・利用が可能です。さらに、従来通りの車載用ナビゲーション機能を利用したいお客様には、エントリーナビキットまたはT-Connectナビキットの2種類からの選択も可能としています。

 

そのほか、従来より設定のT-Connect SDナビゲーションシステムには10.5インチディスプレイ、リヤシートエンターテインメントシステムには、13.3インチディスプレイを採用し、大型化することで、より見やすくしました。また、バックガイドモニターを全車標準装備するとともに、3眼LEDヘッドランプ、ウェルカムパワースライドドア&予約ロック機能の標準装備設定グレードを拡大したほか、スライドドアの開閉に連動し、ステップが展開格納される電動サイドステップ(オプション)を設定するなど、使用性を向上させています。

 

あわせて、ウェルキャブ(メーカー完成特装車)においても、ベース車と同様の改良を施しています。

 

アルファード 車両情報はこちら:https://toyota.jp/alphard/

 
この記事をシェアする
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • Line
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Feedly