ホーム › 店舗ブログ › NEWS › 86/BRZレース 参戦報告

NEWS

SHOP BLOG NEWS

この記事をシェアする
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • Line
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Feedly

86/BRZレース 参戦報告

モータースポーツ部ログ🎵

尾高です。

今回、少し長いですが、

最後までご覧あただければ幸いです!

 

前回予告しておりました、

86/BRZレース

に参戦して参りました🏎🏎🏎💨💨

8月30日(

大分県にあるオートポリスというサーキットコースで行われ、

多くの有名なプロレーサーに混じり、

本格レースに初参加の我々チームが、

端っこの方でお邪魔して参りました😳😳😳

〈写真〉ピット様子

長崎トヨペットMS部は

ドライバー1名、レースメカニック3名

広報1名5名で現地へ向かいました。

(そして、その後本格レースの厳しい洗礼を浴びせられる事となる…)

・8月28日(金)夕方

前日の練習走行、PIT準備作業の為、先にドライバー、

メカニックチームが意気揚々と現地入り

(この時点ではわくわく🎵🎵)

・8月29日(トラブル発生日😱😱

7:00   

練習走行に向けて、マシン調整。

9:45

1本目の走行へドキドキしながら出発。

10:10頃

新品のサスペンション(無調整)が原因か、

はたまたドライバーの腕か…

100Rというコーナーを曲がり切れずコースアウトしてしまう。

マシンは芝生に乗り上げ、ステアリング操作をするもクラッシュパッドに接触…

フロントバンパー部分を一部破損してしまう…

〈あまりにパニック状態だった為、写真なし〉

牽引フックがねじ曲がっており、

交換には特殊な工具と部品が必要だったが、

調達が困難な事が判明し、翌日のレース参加が難しい状態…

が、

横のPITだった、プロレースチームの

owltech所属の脇坂寿一プロがご自身のPITクルーの方々に、

「協力してあげて」と指示してくださり、

いろいろとお世話になりました。

他にも、、、

TMP様(トヨタモビリティパーツ)、

近くにPITを構えておられた、

カローラ福岡様、福岡スバル様

には多くのご協力を賜り、

スーパーお世話になる…

11:30

翌日現地入り予定だった広報(尾高)に

「もう来んでよかよ…」連絡が入る😢

ここで!神様が舞い降りる

オートポリス内に工場を構える、

プロピットTMRの松浦さんが曲がって取れなくなった

牽引フックを、

ご自身の工場から工具を持ってきていただき、

切り落としてくれました。

代わりの牽引フックをTRDさんで購入!

どうにか走行可能な状態まで修理ができる。

この時点で14:00…

再びコースへ!

・・・。

(次なる悪夢が…)

先程のマシンフロント部分の修理の際に、

確認が甘かったのか…ある箇所ネジの締め付けが弱く、

走行中、コース内でエンジンオイルを派手にぶち撒け、

コース・ボンネット内をオイルまみれに…

さらにエンジン下部からまさかの

出火!!🔥🔥

レスキュー出動で

急ピッチで消火作業…🚒🚒

この事態にオートポリス側も赤旗…

(赤旗は異常事態発生により、全車両走行中止…

全チーム練習ができない状態になりした…当然プロの方々も…)

コース内のオイル処理が始まります。

同時に我々のマシンもPITに搬送されてきました…

もはや走行不能…

この時15:30…

参加45チームの全PITに謝罪して回る…

(逆に皆様に温かい言葉をかけていただきました😭😭)

ここで今回のレース初参戦は本戦に出ることもなく、

前日の練習走行2本程度で

ただマシンをぶっ壊して帰るという

ほろ苦い思い出と なるはずでした!

 

 

が、

 

先ほどからご協力いただいていた

サーキット中の多くの方々の協力で、

(特にTMRの松浦様、本当にありがとうございました🙇🏻)

 

ボンネット内のオイル除去作業!

オートポリス内にあるTMR様

工場にマシンを搬入し、

総出で洗浄作業

(高圧洗浄機を使用し、

すごい効率で作業が進む!)

 

20:30には再び走行可能な状態に✨✨✨

 

(ウチのスタッフだけで、通常通り作業した場合、

恐らく10時間ほどかかる作業だったと思います🥺)

 

この時点で、スリーボンド様、グッドイヤー様、

TRD様、大変お世話になりました🙇🏻

 

オートポリスにいらっしゃった全ての方々へ

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

本当にありがとうございました!

 

〈写真〉

 

こうして長崎トヨペットMS部メンバーは

全員昼ごはんを食べる時間もなく、21:30にヘトヘトになりながら、

ホテルへ戻ってその後食事。

翌日は全員4:30起きで

オートポリスへ向かう!(クタクタ…)

 

8月30日(

いよいよ本番!

 

 

本番前にレース前車検が義務付けられており、

レース参加のレギュレーションに沿った

設定になっているかチェックされます。

車検に通るとステッカーがもらえます!

10:00過ぎ

長崎から応援団が到着!

 

お忙しい中、遠い中、本当に

ありがとうございましたございました!

 

多くの苦難を乗り越え

     (乗り越えさせていただき

無事に本番を迎える

            (迎えさせていただく

 

TMRの松浦さんには、この日も監督のように、

多くの指導をいただきました!

 

 

10:30

予選レース開始

我々はプロとは別のオープンクラスで参加。

全17チームでの走行でした。

結果は…

 

決勝レースのグリッドはこの順位でのスタートとなります!

そして、

あの惨劇から、 

まさか、

この舞台に立てるとは…

(号泣)

 

15:30

決勝レース

結果は15位でした!

本当にど素人の無謀なレース参戦だったと

痛感しておりますが、

今回のレースで得られたモノ…

エンジニア〉

レースメカニックとディーラーエンジニアの圧倒的な

技術力・対処能力の違いを痛感すると同時に、

本当にエンジニアで良かったという充実感

一般的な整備とレースコンディションでの整備の違いを知る!

ドライバー〉

足廻りの調整の大切さ

一度コースアウトした後のメンタルの調整の難しさ

(恐怖感との戦い)

広報〉

伝える事の難しさ

編集の難しさ…

トラブル時の対応に対する己の無力さ…

そして、全員〉

レースに関係する全ての方々の暖かい優しさに

本当に感謝・感激いたしました!

本当に

ありがとうございました

最後に、今回のレース参加が可能になったのも、

我々を送り出していただいた、

長崎トヨペット全社員のご協力があってこそのものです。

本当に

ありがとうございました

 

次回も懲りずに参加します

この記事をシェアする
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • Line
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Feedly