ホーム › 新着情報 › プリウスPHVを一部改良

この記事をシェアする
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • Line
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Feedly

プリウスPHVを一部改良

 

プリウスPHVを一部改良し、5月9日に発売しました。今回の一部改良では、乗車定員を従来型の4名から5名とし、ゆとりの車内空間を実現しました。

 

 

また、クルマに蓄えた電気を住宅に供給する仕組み“V2H(ブイツーエイチ)”も備えました。災害などの停電時でも、プリウスPHVを頼れる“蓄電池”として活用いただけます。

 

そのほかにも、安全・安心装備を拡充しました。駐車場から後退する際に、左右後方から接近してくる車両を検知し注意喚起するリヤクロストラフィックアラートや、車両を上から見たような映像をナビゲーション画面に表示するパノラミックビューモニターを新たに設定しました。インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]の設定も拡大しています。

 

さらに、専用通信機DCMを全車に標準搭載し、遠隔で走行アドバイスや車両診断を受けられる「eケアサービス」や「LINEマイカーアカウント」のような様々なコネクティッドサービスを、ご利用いただけます。

 

プリウスPHV 車両情報はこちら:https://toyota.jp/priusphv/

 

 

 

この記事をシェアする
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • Line
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Feedly